ペーパードライバーからの脱却

せっかく取得した運転免許を活用せず、ペーパードライバーになってしまう人がいます。
しかしそれには、「車の運転をする必要がない場所に住んでいる」「維持費など車にかかる費用が高額すぎる」「一度ぶつけたりしたことがあるのでトラウマが…」などの理由があるのです。
こういったペーパードライバーの多くの場合は、東京や大阪などの都市部で発生しています。
比率で言うと、免許保有者の35%の人がペーパードライバーとなってしまっており、その中でもペーパードライバー歴5年以上という人は実に47%にも上っているようです。
そして、男女比率は女性が約 61%となっており、女性の方が多くなっています。
しかし、ペーパードライバーから脱却しようと考えている人は女性の方が多く、妊娠や出産、子育てなどで車があった方が便利だから、夫を駅まで送っていくなど、結婚した後の方が車を必要とする状況が増えるからでしょう。

運転免許証を保有する人のうち約35%の人がペーパードライバーになってしまっており、その中での男女比率は女性が約 61%で、男性よりもペーパードライバー率が高くなっています。

ペーパードライバーの女性は運転をすることに不安を感じて避けられる傾向にありますが、実際にはその不安を取り除くことができれば問題なく運転を楽しむことができるようになります。

ペーパードライバーから抜け出す術として考えられるのは、とにかく良い練習場所を探して運転を繰り返すということです。ペーパードライバーが抱える悩みのひとつが練習場所についてです。

高速道路は基本的に運転しやすい環境が整っています。ところが、ペーパードライバーの女性は高速での運転にプレッシャーや恐怖を感じてしまいがちです。練習によりそれらを払しょくしましょう。

女性のペーパードライバーの中には、車庫入れが苦手という理由で運転しない人もいます。バック駐車は我流になってしまいやすく、正しく習わなければ上達が難しい技術なのです。

ペーパードライバーは意外と多いですが、必要に迫られて乗らないといけないこともあります。車線変更が鬼門になることもありますが、ペーパードライバー教習を受けることで解決に導けます。

初心者・ペーパードライバーにとって非常に大きな試練となり得る「縦列駐車」ですが、決して難しいものではありません。「一つ一つの動作を分解して行う」ことで成功しやすくなります。

女性のペーパードライバーの中には自動車の運転に恐怖心を感じてしまう方もいます。安心のフォロー体制やカウンセリングを行っている教習所で練習し直すことで恐怖心を克服できます。

ペーパードライバーが、交差点を安全に右左折するには、まずは交差点に入る前に、左右を確認することが大切でしょう。そして、一時停止をすることと、ミラーを上手に使うことも大切です。

ペーパードライバーの女性は運転への苦手意識がかなり強いです。安心して苦手な坂道発進をするためには、アクセルを少しずつ踏み込みながらブレーキをはなすことがコツです。

狭い道のすれ違いは運転に慣れた人でも嫌なものですが、ペーパードライバーにとってはより厳しいものだと思われます。講習を受けてしっかりと克服をすることで、安全運転が叶うでしょう。

運転免許取得後、運転の機会を逃し、ペーパードライバーになってしまった方も多いでしょうが、仕事で必要になることも多く、特に駐車場や車線変更、夜道の運転も注意点が多いです。

ペーパードライバーにとってクラクションは使い方が難しいといわれています。運転していると危険な目に遭遇することもあるのですが、そんな時にはクラクションが活躍します。

無料出張範囲

大阪エリア(無料出張地域)

無料出張範囲

大阪市全域・堺市全域、島本町・高槻市・枚方市・茨木市・池田市・吹田市・豊中市・箕面市・能登町・能勢町・門真市・摂津市・守口市・寝屋川市・交野市・四条畷市・大東市・東大阪市・八尾市・柏原市・羽曳野市

お客さまが行きたい場所

1位 保育園・幼稚園・小学校・習い事
2位 大型ショッピングモール・スーパー
3位 ホームセンター・家電良品店
4位 勤め先・会社
5位 最寄り駅

運転塾