女性でも安心のペーパードライバー教習

女性はペーパードライバーになりやすい?!

ペーパードライバーとは、自動車免許を所持しているにもかかわらず普段運転をする機会がない人のことを指します。
日本国内で運転免許証を保有する人数は実に8000万人を越えると言われていますが(25年度調べによる)、
そのうち約35%の人がペーパードライバーになってしまっており、その中でもペーパードライバー歴5年以上という人は実に47%にも上っているようです。
また、免許を取って1年未満の人の中でも、約16.5%の人がペーパードライバーとなってしまっています。
ペーパードライバーの男女比率は女性が約 61%で、男性よりも女性の方が少しペーパーボライバー率が高くなっています。
一体、どうしてペーパードライバーになってしまうのでしょうか?
そして、なぜ女性の方がペーパードライバー率が高いのでしょうか?

ペーパードライバーになってしまう理由とは

ペーパードライバーになってしまう大きな理由の一つと言えるのが「車両を維持する費用の高さ」です。
一台の車を維持して行くためには、駐車場代、走行するためのガソリン代や故障時の修理費用をはじめ、車検やそれに付随する税金が必要となるなど実に多くの金額を求められるのです。
車両本体の取得費用も高額になりがちであるため、特に若者層や高齢者層では車を持たない選択をする人々が増加しています。
さらに、首都圏等交通網の発展した場所では、「車に乗る必要性がない」ということも理由の一つとして挙げられるでしょう。
通勤や通学を含めた日常の外出は、公共のバスや電車などで十分にまかなえてしまうのです。
そうした地域に居住する人々にとって車は比較的娯楽の性質が強くなりますので、年間を通して保有し維持して行く必要がありません。
ペーパードライバーになる人は、このような事柄を要因として運転を行わなくなってしまいます。
そして女性はさらに、少しでも車を擦ったり、ぶつけたりするとトラウマになり、乗りたくなくなってしまう人が多い他、独身時代には助手席に乗ることの方が多いため自ら運転する機会が減り、さらにペーパードライバーになってしまう率が上がってしまうのです。

ペーパードライバーになってしまっても、運転免許を持っていることには「身分証明」という大きな意義が存在します。
また、将来的に運転が必要になったときなどはペーパードライバー教習などを経て自信を付けることもできるでしょう。
「運転塾」では、女性にも安心して教習を受けていただけるプログラムを用意しておりますので、ぜひご検討ください!

無料出張範囲

大阪エリア(無料出張地域)

無料出張範囲

大阪市全域・堺市全域、島本町・高槻市・枚方市・茨木市・池田市・吹田市・豊中市・箕面市・能登町・能勢町・門真市・摂津市・守口市・寝屋川市・交野市・四条畷市・大東市・東大阪市・八尾市・柏原市・羽曳野市

お客さまが行きたい場所

1位 保育園・幼稚園・小学校・習い事
2位 大型ショッピングモール・スーパー
3位 ホームセンター・家電良品店
4位 勤め先・会社
5位 最寄り駅

運転塾