ペーパードライバーでも頭に入れておきたい縦列駐車のやり方

ペーパードライバーは動作を分解して行うと良い

初心者・ペーパードライバーにとって非常に大きな試練となり得る「縦列駐車」ですが、ちょっとしたコツを覚えてしまえば決して難しいものではありません。
慣れてくると感覚的な操作をスムーズに行えるようになりますが、それまでは「一つ一つの動作(ハンドル操作とアクセル操作)を分解して行う」ことで成功しやすくなります。
縦列駐車で行う動作は次の通りです。
まずはスタート位置に移動する、ハンドルを切り込む位置に移動する、フルロックさせる、切り返しの位置まで進む、まっすぐ下がる、逆方向にフルロックさせる、微調整をすると言う流れで進めていきます。
具体的な操作ポイントは次項で紹介していきますが、まずはしっかりと「自分がこれからどの様な操作をしていくのか」を把握しておきましょう。
文章で見ると分かり辛い部分も多くなってしまうので、それぞれの動作によって車体がどう動くのかをシミュレーションしてみると非常に分かりやすくなります。

縦列駐車の操作タイミングはおおむね決まっている

人によって詳細な操作は若干違います。
慣れてくればそれだけ自分の感覚で操作することが多くなってきます。その結果としてよりスムーズな駐車が出来る可能性もありますが、いずれにしてもまずは基本的な操作タイミングを覚えてしまいましょう。
ペーパードライバーが縦列駐車をするうえで重要なポイントは「タイミングを覚える」と言うことです。操作自体は分解して行うにしても、いつどのタイミングで操作をすれば良いのかを把握することでペーパードライバーでも簡単に出来るようになります。
覚えるポイントは、「距離と位置」の2点だけです。
まずは駐車位置の前側に移動する訳ですが、ここでは左側に1mほどの間隔を空けておきます。
停車中の車や白線を目安にすれば良いので難しくはありません。
次に前に停車している車と同じ位置まで下がり、そこからハンドル操作、左奥の角が車体の右側と対角線になるまで進む、右のリアタイヤを白線に乗せる、車体を白線内に入れるという流れで縦列駐車を完了できます。

無料出張範囲

大阪エリア(無料出張地域)

無料出張範囲

大阪市全域・堺市全域、島本町・高槻市・枚方市・茨木市・池田市・吹田市・豊中市・箕面市・能登町・能勢町・門真市・摂津市・守口市・寝屋川市・交野市・四条畷市・大東市・東大阪市・八尾市・柏原市・羽曳野市

お客さまが行きたい場所

1位 保育園・幼稚園・小学校・習い事
2位 大型ショッピングモール・スーパー
3位 ホームセンター・家電良品店
4位 勤め先・会社
5位 最寄り駅

運転塾