ペーパードライバーにとって使い方が難しいクラクション

ペーパードライバーはクラクションの使い方も知っておこう

免許を取得してから長期間運転していないと、実際に運転する時に不安な気持ちになり、運転を躊躇する人も多いでしょう。
再び運転を行う前には、事故につながる可能性もあるので、ペーパードライバーのための運転教室に通う人もいます。
ペーパードライバーの多くは、忘れている運転技術を向上させたいと考えていますが、長年運転していないと、運転に関するルールや標識の意味を忘れている場合もあるので、再度勉強することが必要です。
同時にクラクションの使い方もきちんと把握しておきましょう。
クラクションは、基本的に危険な時、相手に知らせるためのものですが、ペーパードライバーの中には、どのようなタイミングで使えば良いのかわからない人も多いようです。
日頃運転をしているドライバーでも、正しいクラクションの使い方を知らない人もいます。
安全性の高い運転を行うためにも、クラクションや交通ルールの見直しは欠かせません。

 

クラクションを鳴らすタイミング

クラクションは、自分の存在を知らせて、危険を察知してもらうものです。
しかし、道を譲ってもらった時にお礼の意味を込めて鳴らしたり、知り合いとすれ違った時に、挨拶の意味を込めて鳴らしたりすることもありますが、本来の規定としては正しくありません。
本来、クラクションの使用は、運転中に並走している車が寄ってきて、危険を感じた時や、前方に止まっている車が気づかず後ろに動き出した時などの危険通知や注意喚起の意味で使うのが正しい使い方になります。
警笛を鳴らせの道路標識がある場所や、危険防止でやむを得ない時以外の不要なクラクションは、周りの迷惑や混乱をまねくだけではなく、道路法で禁止されている事を認識して、無意味なクラクションは避けたいものです。
ペーパードライバーも正しいクラクションの使い方を身につけて周りや相手の事を考えて使用するようにしましょう。

無料出張範囲

大阪エリア(無料出張地域)

無料出張範囲

大阪市全域・堺市全域、島本町・高槻市・枚方市・茨木市・池田市・吹田市・豊中市・箕面市・能登町・能勢町・門真市・摂津市・守口市・寝屋川市・交野市・四条畷市・大東市・東大阪市・八尾市・柏原市・羽曳野市

お客さまが行きたい場所

1位 保育園・幼稚園・小学校・習い事
2位 大型ショッピングモール・スーパー
3位 ホームセンター・家電良品店
4位 勤め先・会社
5位 最寄り駅

運転塾